COLUMN COLUMN コラム

  • 売却・資金計画・購入

2024.06.13

2024.06.13

マンション売却時にリフォームは必要?不要な理由と高く売却するコツを解説

マンションの売却時にリフォームは基本的に不要です。リフォームをした方が高く売却できると思いがちですが、そうではない理由が存在します。本記事ではマンション売却の際にリフォームが不要な理由とマンションを高く売却するコツについて紹介します。マンションの売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

\【全14ページ】住み替えガイドブック/

資料ダウンロードはこちら

マンション売却時のリフォームが不要な理由

出典:pixta.jp

 

マンションを高く売るために費用をかけて内装をリフォームをするケースがありますが、不要であることがほとんどです。あらかじめ見た目を良くしておけば高く売れると考えがちですが、それは誤解であり、不要な理由があります。

 

以下にマンション売却時に不要な理由をまとめました。

 

  • 築年数を重視している
  • 買主が行うため
  • リフォーム費用で利益が減る場合がある

 

それぞれについて紹介します。

築年数や価格を重視している

マンション購入希望の顧客が内装の充実さより築年数や価格を重視している場合、リフォーム済であることがプラスにならずネックになる場合があります。利益を出すためにリフォームを行った分、売却価格を上げるのがほとんどであるため、築年数や価格を重視しているような顧客は他の物件に目が移ってしまうはずです。ニーズの違いを理解しないでリフォームを行うと買い手がつかず、築年数だけが経過してしまいます。

買主が行うため

中古マンションを購入する人の中には、自分でリフォームすることを想定して購入する場合があります。その際にせっかく興味を持った顧客がいても、顧客の好みではないリフォームをしていた場合、興味を失ってしまいます。

リフォーム費用で利益が減る場合がある

リフォーム費用をかけた場合、マンションの売却価格から経費として差し引くと利益が減ってしまいます。リフォーム代込みで売却できれば問題ありませんが、価格面が問題になった場合はリフォーム代を抜いた価格での売却を考える必要があります。リフォームが決め手となって売れた場合は必要経費となりますが、利益が減る可能性があるため注意しましょう。

 

マンションのリフォーム費用相場

出典:pixta.jp

 

国土交通省のマンションリフォーム工事契約額の調査(※)によると100万円~300万円超が26.9%と最も多く、次に500万円超~1000万円以下が24.8%という結果でした。300万円超~500万円以下も21.1%と多く、100万円~1000万円の間で幅広く分布しています。リフォーム費用は物件の状況やニーズによって変化するため、ケースバイケースであるといえそうです。

”国土交通省公式HP”

マンション売却時のリフォームが必要なケース

出典:pixta.jp

 

マンション売却の際、基本的にリフォームは不要ですが、修繕が必要な場合はリフォームを検討した方がいいでしょう。これまで説明した通り売却前のリフォームは避けた方がいいため、リフォーム実施の判断は自分だけで行わず、仲介を行う不動産業者や複数の業者に相談して決定した方が失敗を防げます。

 

マンションを高く売るポイント

出典:pixta.jp

 

以下のマンションを高く売るためのポイントについて解説します。

 

  • 複数の業者で査定する
  • 期日に余裕をもって売り始める
  • 引っ越しが増える時期に売る

複数の業者で査定する

マンションを高く売りたい場合は1件目の業者で決めずに複数の業者で比較することが重要です。地元の不動産屋と大手の不動産屋で比較して、入居する人のニーズの違いによる価格差がないか確かめるといったことが目的です。より高く売れる業者を見つけるために、比較を行いましょう。

 

査定を行う際は必ず、その地域の同等のマンションの平均相場を調べておくことが重要です。相場と比較できるように理解しておきましょう。

 

期日に余裕をもって売り始める

マンションを売る期日が近いことが買い手に発覚した場合、足元をみられて値下げを求められることがあるため、期間に余裕をもって売り始めましょう。マンションの売買は多額の費用がかかり、短期間で売れることは少ないので数か月〜1年程度で売る計画をたてておきましょう。

 

引っ越しが増える時期に売る

一般的に企業の人事異動が行われる3月、9月は転勤による引っ越しが増える時期であるため、この時期に売ることも重要です。需要が高まる時期に販売を行い、同時に物件の存在を広くアピールするためにプロモーションを不動産屋にお願いしておきましょう。

 

確定申告におけるリフォーム費用の扱いについて

出典:pixta.jp

 

確定申告におけるリフォーム費用の扱いは、譲渡所得の計算における譲渡費用に当てはまります。

 

譲渡所得の計算式は以下の通りです。

 

  • 譲渡所得 = 譲渡価額 - (取得費 + 譲渡費用) - 特別控除

 

式の内訳は以下の通りです。

 

  • 取得費:土地を取得(購入)するためにかかった費用。土地の購入代金や購入手数料(登録免許税や印紙税)のほか、リフォーム代金や立退料、造成費用、測量費なども含まれます。
  • 譲渡費用:土地を売却する際に直接かかった費用。仲介手数料、印紙税、土地を売るために建物を取り壊した場合はその取り壊し費用、違約金、名義書換料などが含まれます。
  • 特別控除:3,000万円特別控除といった適用できる特例があるかどうかを確認し、適用できる場合は特別控除額を差し引きます。

 

売却のためのリフォームは譲渡費用に当てはまり、自身が住むためのリフォームの場合は取得費用になります。

 

マンション売却時のリフォームは業者に相談しよう

出典:pixta.jp

 

マンション売却時のリフォームは基本的に不要ですが、修繕や買い手のニーズに合わせるなど必要な場合があります。目的はできるだけマンションを高く売却することが目的なので、費用相場を考えてバランスよく行うことが重要です。これからマンションの売却を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

\まずは無料で基本から学べる/

オンラインセミナー 一覧

この記事を書いた人

ARUHI 住み替えコンシェルジュ
編集部

住み替えのプロ、ARUHI 住み替えコンシェルジュがわかりやすくご説明し、一人ひとりに寄り添った、安心できる住み替えを徹底サポートします。

完全版住み替えガイドブック
無料配布中!

✓住み替えの流れや資金計画などがわかる!

✓不動産会社・担当者の“7つ”の見極めポイントが
わかる!

住み替えガイドブック 全14ページ
あなたのマイホームのお値段は?

今すぐクイック査定

【最短60秒】ご自宅の今の価格がわかります