COLUMN COLUMN コラム

  • 売却・資金計画・購入

2024.06.13

2024.06.13

家が売れない理由は?対策方法もわかりやすく解説

「家が売れない」と悩んでいる方に向けて、家が売れない理由や対処法をまとめました。売りたい物件の条件や不動産会社とのやり取りと照らし合わせて、思いあたる原因があれば改善してみましょう。記事の後半では、家の売却に関するよくある質問も解説していきます。

\【全14ページ】住み替えガイドブック/

資料ダウンロードはこちら

家が売れない理由

出典:pixta.jp

 

まずは家が売れない理由を知って、対策につなげましょう。家が売れないときのよくある理由は以下の通りです。

 

  1. 売出価格が高い
  2. 物件の条件が悪い
  3. 不動産会社の対応がいまいち
  4. 販売するタイミングが悪い

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

1. 売出価格が高い

もっともよくある理由の1つが、売出価格が高いことです。売出価格が本来の適正価格よりも高すぎると、買い手が見つからない可能性が高まります。

 

「できるだけ高く売却したい」という希望は当然ですが、家を売るためには対象物件の立地・条件・実勢価格を踏まえた適正水準の価格設定が欠かせません。

 

2. 物件の条件が悪い

築年数が経過している場合や、間取り・日当たり・駅からの距離など、物件の条件がネックとなっている可能性もあります。

 

リフォームやリノベーションで改善できる場合もありますが、立地やマンションの日当たりなど、根本的な条件が悪い場合は価格を下げなければ売れない可能性もあるでしょう。

3. 不動産会社の対応がいまいち

物件の条件はよくても、不動産会社の対応がいまいちであるために買い手が見つからないことも。例えば不動産会社の営業力や広告・宣伝方法に問題があれば、そもそも売り出し物件の情報の露出が少なくなってしまい、買い手が見つかりにくくなってしまいます。

4. 販売するタイミングが悪い

販売するタイミングが悪く、すぐに買い手が見つからないケースもあります。その時々の景気や金利水準など、社会情勢などによって不動産物件の売れ行きは変動します。

 

家が売れないとどうなる?

出典:pixta.jp

 

家が売却できない場合、空き家として売主側のデメリットが生じます。売却期間中も住宅ローンの返済や固定資産税の支払いなど、維持費用は発生し続けるため、金銭的な負担も出てくるでしょう。

 

また、住み替えを検討中の場合は資金を用意できない場合も出てきます。

 

家が売れないときの対策方法5選

出典:pixta.jp

 

家が売れないときは、不動産会社に任せっきりのままでは解決しないことも多いです。以下のポイントを参考に、自分でも対策をしてみましょう。

 

  1. 売出価格を下げる
  2. 宣伝方法を見直す
  3. 不動産会社を変える
  4. ハウスクリーニングを利用する
  5. ホームインスペクションを利用する

 

それぞれ解説していきます。

 

1. 売出価格を下げる

もっとも有効なのは、 売出価格を下げることです。買主は限られた予算の中で物件を手に入れたいと考えるため、売出価格を下げれば新たな申し込みが入る可能性があります。

 

とはいえ、むやみに価格を下げ過ぎてしまうと損をする可能性もあります。相場を把握した上で不動産会社に相談しながら、適切な値下げを行いましょう。

 

2. 宣伝方法を見直す

内覧の申し込みが一向に入らない場合、宣伝方法を見直すことも1つです。不動産ポータルサイトにある物件広告を確認して、物件の魅力が十分に伝えられているかチェックしましょう。

 

また、次のようなポイントも確認してみてください。

 

  • 第一印象のよい写真が使われているか
  • 写真の枚数は十分にあるか
  • 提供した情報が十分に掲載されているか

 

上記が適切に反映されていない場合は、不動産会社に確認を取るか、宣伝の上手な不動作会社に帰るのも1つです。

 

3. 不動産会社を変える

不動産会社の対応がいまいちだと感じた場合は、不動産会社を変えることで売れやすくなる可能性があります。特に1社目をなんとなく決めてしまったという場合には、他によい不動産会社がないか候補を探してみましょう。

 

4. ハウスクリーニングを利用する

「内覧が入っても申し込みにつながらない」という場合には、ハウスクリーニングを利用するのも1つです。プロのクリーニングにより、清潔感が出て物件の印象がぐっとよくなります。

 

特に水回りが汚れているという場合には、一度ハウスクリーニングを検討してみてください。ただし、依頼費用がかかるため、費用対効果もふまえて検討しましょう。

 

5. ホームインスペクションを利用する

ホームインスペクションとは、住宅審査のことです。住宅診断士や建築士に物件の欠陥をチェックしてもらい、診断書を作成してもらえます。

 

購入を検討している買主がいた場合、ホームインスペクションを利用していることで購入の後押しになる可能性があるでしょう。

 

家が売れないときのよくある質問

Q. 家が売れるまでの期間の目安は?

一般的に、売却期間は3〜6ヶ月程度が目安であるといわれています。売却開始から半年以上経っても売れそうにない場合は、本記事で紹介した対策方法を試してみるとよいかもしれません。ただし、物件の条件やエリア、売却価格などで実際の売却期間は大きく異なります。

Q. 家が売れやすいタイミングは?

 家が売れやすいタイミングとしては、一般的に以下のような時期が挙げられます。ただし景気や金利水準、社会情勢などにも左右されるため、あくまで参考程度にしてみてください。

 

  • 転勤シーズン
  • 小中学校の新学期のタイミング

家が売れないときは理由を知って対策しよう

出典:pixta.jp

 

家が売れない理由や、家が売れないときの対策方法を解説しました。家が売れない原因は物件ごとにさまざまです。本記事で紹介したポイントを参考に、家が売れない理由を把握して適切に対処してみてください。

\まずは無料で基本から学べる/

オンラインセミナー 一覧

この記事を書いた人

ARUHI 住み替えコンシェルジュ
編集部

住み替えのプロ、ARUHI 住み替えコンシェルジュがわかりやすくご説明し、一人ひとりに寄り添った、安心できる住み替えを徹底サポートします。

完全版住み替えガイドブック
無料配布中!

✓住み替えの流れや資金計画などがわかる!

✓不動産会社・担当者の“7つ”の見極めポイントが
わかる!

住み替えガイドブック 全14ページ
あなたのマイホームのお値段は?

今すぐクイック査定

【最短60秒】ご自宅の今の価格がわかります