COLUMN COLUMN コラム

  • 売却・資金計画・購入

2024.06.13

2024.06.13

築50年一戸建ての売却相場は?売却方法と成功させるための注意点を徹底解説

「築50年の戸建てを売却したいが相場を知りたい」「相続した築年数の古い戸建てを売りたい」など、戸建ての売却を考えている方必見。本記事では、築50年一戸建ての売却相場を紹介します。売却を成功させる方法や注意点も解説。売却方法を工夫するだけで、古い家でも高く売れる可能性があります。諦めてしまう前に、築50年一戸建ての売却方法を確認してみましょう。

\まずは無料で基本から学べる/

オンラインセミナー 一覧

築50年一戸建ての売却相場

出典:PIXTA

 

築50年の一戸建てを売却する場合、建物と土地に分けてそれぞれの相場を知ることが重要です。それぞれ詳しく解説します。

 

1. 建物の価値は0円

築50年一戸建ての建物は、売却しても残念ながら価値がつきません。建物の価値は、見た目や劣化だけでなく法定耐用年数も関係しているからです。

 

法定耐用年数とは、国税庁が不動産の減価償却費を算出するために定めた年数で、建物の価値はこの法定耐用年数を参考に計算されます。

 

【主な減価償却資産の耐用年数(建物/建物附属設備)】

構造 細目 耐用年数
木造・合成樹脂造のもの 店舗用・住宅用のもの 22年
木骨モルタル造のもの 店舗用・住宅用のもの 20年
鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造のもの 住宅用のもの 47年
れんが造・石造・ブロック造のもの 店舗用・住宅用・飲食店用のもの 38年

参考:耐用年数(建物/建物附属設備)|国税庁

 

上記の表のように、建物の構造により耐久年数は異なりますが、築50年を迎えた建物に価値がないのが一般的な相場です。なお、リフォームやリノベーションなど、適切な改修が行われ、人が住める状態にある家は価値がつく可能性もあります。

 

2. 土地には価値がある

土地は建物の価値と違い、築50年の一戸建てでも価値がつきます。土地は、所有年数に関係なく下落しません。相場の基準は、地価情報を中心に決定されます。

 

地価は時期や種類、地域により異なるため、売却を検討している方は、国土交通省が公開する「不動産情報ライブラリ」を参考にしてみてください。

 

築50年一戸建ての売却方法

出典:PIXTA

 

築50年一戸建てを売却する方法を紹介します。周辺ニーズや売却目的に合わせた売却方法を検討しましょう。

 

1. 建物を残して売却

まずは、築50年一戸建てを残したまま、土地代のみの価格で売却する方法を確認してみましょう。

 

近年では、古民家を利用したカフェや民宿などの需要が高まっており、築古物件の購入希望者も増加傾向です。リフォームやリノベーションを行うことで、自分好みにアレンジできるメリットもあり、築50年一戸建てでも購入希望者が現われる可能性は十分にあるでしょう。

 

また、空き家の売却を検討している方は、「空き家バンク」の利用を検討してみましょう。「空き家バンク」とは、空き家の売手と買手をマッチングさせるサービスです。登録することにより、仲介販売以外からも多面的に買手を探せるようになります。

 

2. 解体して更地を売却

続いて紹介するのは、築50年一戸建てを解体し土地のみを売却する方法です。

 

更地になった土地は、購入希望者が早く見つかる可能性が高まるため、急いで手放したい方におすすめの売却方法となります。

 

ただし、解体費用の発生や「住宅用地の特例措置」が適用外となるため、売却できるまで諸経費が高くなりやすい傾向です。

 

【住宅用地の特例措置】

区分 固定資産税 都市計画税
小規模住宅用地 住宅用地で住宅1戸につき200m2までの部分 価格 × 1/6 価格 ×1/3
一般住宅用地 小規模住宅用地以外の住宅用地 価格 × 1/3 価格 × 2/3

参考:固定資産税・都市計画税(土地・家屋)|東京都主税局

 

建物を残したまま時間をかけて売却するか、更地にして早く手放す方法を選択するか、売却の目的にあわせてよく検討しましょう。

 

3. リフォームして売却

続いて紹介するのは、築50年一戸建を売却する前に、リフォームやリノベーションを行いニーズの幅を広げる方法です。

 

綺麗になった家は、老朽化が進んだ建物よりも印象が良く、購入希望者を引きつけるメリットがあります。土地代だけだった売却相場も、建物が評価され売却価格の上乗せも期待できるでしょう。

 

ただし、リフォームやリノベーションにかかった費用を、全て上乗せできるわけではありません。修繕することで購入希望者が早く見つかる可能性はあっても、売却益が下がるリスクがあることを知っておきましょう。

 

4. 不動産買取会社に売却

最後に紹介する築50年一戸建を売却する方法は、不動産買取会社へ売却することです。

 

不動産の買取りは、仲介手数料を発生させず直ぐに現金化できるメリットがあります。最短1週間で売却ができることから、今すぐに売却したい方におすすめの方法です。

 

ただし、不動産会社の買取価格は、市場価値の7割程度が相場といわれています。そのため、時間がかかっても高く売りたい方は、別の売却方法を検討した方が良さそうです。

 

築50年一戸建ての売却を成功させる方法

出典:PIXTA

 

築50年一戸建ての売却を成功させる方法を紹介します。少しでも高く売りたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

1. 境界線を明確にする

築50年一戸建ての売却を成功させるためには、境界線を明確にする必要があります。境界線の明確化は、隣人トラブルや購入希望者の信頼を得るのに重要で、売却時に準備する必要がある書類のひとつです。

 

境界線を明確にするためには、専門業者に測量を依頼し「境界線確認書」や「土地測量図」を発行してもらいましょう。

 

2. 古い家の販売実績が豊富な会社を選ぶ

築50年一戸建ての売却を成功させるためには、古い家の販売実績が豊富な不動産会社を選びましょう。不動産会社は売買や賃貸、都心部や郊外など、それぞれ得意とする分野があります。

 

そのため、新築物件が得意な不動産会社に築50年一戸建の売却を仲介しても、上手く購入希望者を見つけられない可能性や、相場より安く販売されてしまうリスクがあります。

 

不動産会社の得意分野はホームページで確認できるため、不動産会社選びの際は確認するようにしましょう。

 

3. 査定は複数の不動産会社へ依頼

築50年一戸建ての売却を成功させるためには、複数の不動産会社へ査定依頼しましょう。査定額は、不動産会社により大きく異なるケースがあるためです。

 

複数の会社へ査定依頼することで、高値の不動産会社や相性のよい不動産会社など、希望に合った会社選びが可能になります。

 

また、複数社の査定額が集まるため、より正確な売却相場が計算しやすくなるでしょう。

 

4. 周辺の相場を知る

築50年一戸建ての売却を成功させるためには、周辺の相場やニーズの調査をしましょう。過去の取引事例やニーズを参考に、売却相場や売りたい方法を検討します。

 

たとえば、交通の便が良い土地や学校、公園がある土地は、家族向けの需要が多い傾向にあるため、築50年一戸建てを解体し更地で売却する方が高く売れる可能性があります。

 

また、郊外や田舎の土地は、築50年一戸建を活かした古民家カフェやレンタルオフィスの需要が高まっているため、建物を残した状態でも売れる可能性があるでしょう。

 

このように、周辺の相場やニーズを知ることで、所有する不動産の売却方法を検討できます。

 

築50年一戸建ての売却時に適用される特例

出典:PIXTA

 

築50年一戸建ての売却時に適用される特例には、以下の3種類があります。

 

  • 居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例※1
  • 特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例※2
  • 被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例※3

1. 居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例

住んでいた築50年一戸建てを売却したときに発生する所得税(譲渡所得)から、一定条件をみたすことで最高3,000万円まで控除できる特例があります。売却益が3,000万円を下回る場合は非課税となる制度なので、適用要件を確認しましょう。(※1)

 

※1:”マイホームを売ったときの特例|国税庁参照

 

2. 特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

築50年一戸建ての売却価格が住宅ローンの残高を下回った場合(損失)に、条件を満たすことで所得から控除が受けられる制度です。新たに家を購入しない方でも受けられる制度なので、損失が発生した場合は適用要件を確認しましょう。(※2)

 

※2:”住宅ローンが残っているマイホームを売却して譲渡損失が生じたとき|国税庁参照

 

3. 被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例

築50年一戸建てが相続や遺贈により取得した財産で、被相続人が相続直前まで住んでいた家(空き家)が対象です。その他、一定の要件を満たすことで最大3,000万円の特別控除が受けられます。(※3)

 

※3:”被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例|国税庁“参照

築50年一戸建ての売却は不動産選びが重要

出典:PIXTA

 

本記事では、築50年一戸建ての売却相場を紹介しました。売却を成功させるためには、地域の相場を知り適切な不動産会社を選ぶことが重要です。古い家の販売実績の豊富な会社を選び、築50年の一戸建てを資産へ変えましょう。

\【全14ページ】住み替えガイドブック/

資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

ARUHI 住み替えコンシェルジュ
編集部

住み替えのプロ、ARUHI 住み替えコンシェルジュがわかりやすくご説明し、一人ひとりに寄り添った、安心できる住み替えを徹底サポートします。

完全版住み替えガイドブック
無料配布中!

✓住み替えの流れや資金計画などがわかる!

✓不動産会社・担当者の“7つ”の見極めポイントが
わかる!

住み替えガイドブック 全14ページ
あなたのマイホームのお値段は?

今すぐクイック査定

【最短60秒】ご自宅の今の価格がわかります